ニューモ 育毛剤 使い方

ニューモ育毛剤の正しい使い方を教えて?

育毛剤の使い方

 

ニューモ育毛剤をさっそく購入し、これから使っていこうと思っている方もきっと多いハズ。

 

ですが、ニューモを使う前に正しい使い方を理解しておきましょう。
ニューモに限らずですが、どんな育毛剤も正しい使い方をすれば効率よく効果を実感することができます。逆に正しい使い方をしないと効果を実感するのが遅くなったりするので、ここはしっかり頭に入れておきましょう!

 

まずはニューモについて下記の項目をひとつずつチェックしていきます。

 

  • 1日の使用回数
  • 1日の使用量
  • 使用方法

 

 

以上をしっかり抑えておけばニューモの効果を実感することが出来るでしょう。

 

ニューモの1日の使用回数は?

 

ニューモ育毛剤の使用回数は1日1回で大丈夫です。
ニューモを使うタイミングはいつでも大丈夫ですが、より一層効果を発揮するならお風呂でシャンプーをして、ドライヤーでしっかり乾かしたあとに塗布してください。

 

毛穴の汚れや詰まりを取り除いてから塗布した方が浸透力も格段にアップしますよね。頭皮が清潔な状態で塗布するのが一番ですよ!

 

1日1回なら無理なく続けることができますし、負担にもなりませんね。

 

ニューモの1日の使用量は?

 

ニューモの内容量は1本75mlとなっています。

 

ですので、1ヶ月1本使うという計算だと1日約2.5mlほどになりますね。スプレータイプで噴射するので1日大体10〜20プッシュほどすれば1ヶ月持つと思いますよ。

 

頭皮の面積にもよりますが、全体にいきわたるくらいに塗布し、1日の使用料を調整してみてください。

 

ニューモの使用方法は?

 

ニューモ育毛剤の使用方法は頭皮全体に塗布して終わりではありません。

 

ここで一番大事なのが頭皮マッサージをしっかり行なうということです。塗布した後に、5分くらいは頭皮マッサージしたいものですね。
優しくマッサージをすると、血行が良くなるので頭皮全体がじんわり温かくなってきます。これは頭皮の血流が良くなっている証拠なので、発毛&育毛を促す効果が期待できるというわけです。

 

薄毛やハゲになる人は頭皮に十分な血液が行き届いていないので、毛が細くなったり、健康でコシのある太い髪の毛が生えてこないのです。

 

育毛剤の発毛成分と頭皮マッサージのダブル効果で血流をよくして健康でコシのある髪の毛が生えてくる環境を作ってあげましょう!

 

 

医薬部外品育毛剤【ニューモ】

 

M字ハゲにニューモ育毛剤を使う方法を教えて?

男性のM字ハゲ

 

ハゲ・薄毛にはさまざまなタイプがあります。

 

  • M字ハゲ
  • 頭頂部ハゲ
  • 前頭部ハゲ(U字ハゲ)

 

おでこが徐々に後退し、薄毛がM字型に進行していく通称M字ハゲ

 

筆者が思うにM字ハゲが薄毛の中で一番辛いと思うんですよね。おでこが広くなってくると明らかに「ハゲ」じゃないですか?!

 

頭頂部ハゲは人前でおじぎをしなければなかなかバレることがありません。前頭部ハゲも少しずつ進行してくるので、見る人によっては「あ〜、髪の毛が少し薄いなぁ。」程度にしか思われません。

 

 

ですがっ!!!!

 

 

M字ハゲはだれがどう見てもハゲなんですよね…。
そんな筆者もM字ハゲなので、その辛さをよく分かっています(笑)

 

M字ハゲは他の部位のハゲに比べて進行しやすいし、発毛&育毛させるのがとても難しいといわれています。それでもM字ハゲを解消したい!と思っている人は星の数ほどいますよね。

 

筆者だってそのうちのひとりなわけですから(笑)
M字ハゲの場合、育毛剤を塗布した時に高確率で顔に垂れてきます。これはM字ハゲあるあるですが、場所が場所なだけに仕方ないんですよね。

 

筆者の場合、顔に垂れてきて育毛剤がそのまま目に入ったこともあるくらいです。ですので、M字ハゲの方は育毛剤を塗布する場合は注意しないといけません。

 

筆者が編み出した方法は、仰向けになって塗布する方法です!(笑)
一見、冗談に聞こえるかもしれませんが、仰向けになって塗ることで顔に垂れてくることはまずありません。仰向けになってM字部分に塗布することで頭頂部の方に流れていってくれるので、一石二鳥になります。少ない量で頭皮全体にいきわたるのでこの方法はとてもオススメですよ。

 

決して冗談でいっているわけではないので、まずは騙されたと思ってニューモ育毛剤で試してみてください。

 

M字ハゲの場合もニューモ育毛剤を塗布したあとはしっかり頭皮マッサージをしてくださいね!血行をよくすることが大事なので!!!

 

 

\ 公式サイトで詳しい使い方をチェック! /

page top